ボクはお外が怖くなっちゃったの

ニートなレックス

ボクは3日前に、物凄く怖い体験をしたの。

それ以来、ボクはお外が怖くなっちゃった。

お外に出るとお空を見て、やっぱりお空が何か怖くておうちに帰ってしまう。

だから、お庭までしか出ない。お庭でオシッコしたらおうちに帰る。

おばあちゃんが、ウンチくんは?って言うけど、ボクはどこにも行きたくないの。だからウンチしないで我慢するの。

それで、おばあちゃんが、これじゃあ病気になっちゃうからって、僕を何度もお外に連れて行くんだ。

でも、ボク行かないもん! 全身で拒否!

1時間くらいお庭にいて、おうちに帰るの繰り返し。

ボクはご飯を食べて、寝て、おやつ食べて、寝て。お水飲んで、寝て。まるでニートなわんわん状態。

ニートなレックス

わんわん学校も無断欠席。おばあちゃんが、登校拒否児だなあって言うんだよ。

昨日の夕方、全然ウンチしていないから、おばあちゃんにまたお外に連れ出された。

僕は全身で 「拒否」!

おばあちゃん 「ウンチくん、どうすんの! いつまでニートしてんのよ!」

1時間格闘していたら、カイ君ママがボクのおうちの前を通りがかった。

僕は「カイ君ママだ~♪」 って、ダッシュでぴょんぴょんでペロペロした。

カイ君ママは優しいから、「レックス~。怖くないよ~。一緒に、ほら!公園行こう!」って。

それでボクは嬉しくなって公園に行った。そうしたらすぐにウンチしたくなってブリっとした。

おばあちゃんがボクに黙ってカイ君ママとバイバイしちゃったから、ボクはやっぱりお空が怖くなって、おうちに帰っちゃった。

おばあちゃんが、「なんで私じゃだめなのよ~!」って、やきもち焼いてんだよ。

だからボクは夜、おじいちゃんが「お散歩いくか」って言うので、一緒に行ったよ。近くを少しお散歩したよ。

おばあちゃん 「もー!!!なんで私じゃダメなのよ!」

おばあちゃんが、いじけてしまった。おもしろい。

おばあちゃんは、どうしてもボクをニート生活から脱出させたくて、内緒でカイ君に朝お迎えに来てくれるように頼んでくれていた。

今朝、ボクは相変わらずお空が怖いってお庭を動かなかったら、カイ君とカイ君ママがおうちに来たの。

ボクは嬉しくて、またダーッシュ!

カイ君もカイ君ママも優しい。おばちゃん、少し見習いなさい。

またおばあちゃんがジェラシーというのをわなわなと出していたけど、ボク達はわんわん学校に集団登校した。

わーい! なんか楽しいぞ!

でも時々、怖くて立ち止まっちゃう。

カイ君ママとカイ君がボクを励ましてくれる。

途中でどうしても行きたくなくなって立往生した。そうしたらラジオ体操に来ているフジコちゃん(柴犬)のお父さんが、「雷は怖いよなあ」って、いつものようにおやつをくれた。

ボクは嬉しくなってまた歩き出した。

カイ君と歩くレックス

何度も止まっては励まされ、歩いて、を繰り返し、ボクは久しぶりにわんわん学校に登校した。

カイ君に励まされるレックス

カイ君に励まされるレックス

 

みんなが、「あ~、レックス来れたんだね~、よかったね~」って言ってくれたよ。

メグちゃん と 桃華ちゃん と アポちゃんが、ボクとおばあちゃんのところに「大丈夫?」って来てくれた。

おばあちゃんは、ボクのお友達がいっぱい気を遣ってくれているのを見て、涙が出ちゃったよ。

ボクは土手ではまだ落ち着いて遊べなかったけど。もうちょっと頑張らないとだね。

でも、みんなのおかげで今朝はとても楽しかったです。

カイ君、朝早くに起きて迎えに来てくれてありがとう。

メグちゃん、桃華ちゃん、アポちゃん、ボクのところに「大丈夫?」って来て心配してくれてありがとう。

みんなのお父さんお母さんも、「良かったね~」って言ってくれて、ありがとう。

チャリー母さんも、ボクの心配してくれてLINEと言うのを送ってくれたの。ありがとう。

りく・そらもボクのこと心配してくれたの。ありがとう

みなさん、ボクにはとても素敵で優しいお友達がいて、本当に幸せです。

今日、夕方は、一人で土手に行かれるか、ボク頑張ってみるよ。

お外が怖くなくなるように、おばあちゃんも気長に頑張るんだって。

みなしゃん、本当に心配してくれてありがとうわんわんです。

おばあちゃん 「も~。みなさんにお世話になってばっかりで。ほんとにレックスはお坊ちゃまなんだから!」

 

なんだよ! ボクはボクなりに頑張ってるんだよお!!!

おばあちゃん 「嘘だね! あんた、人みて態度変わるじゃないの。私はあんたのおさんどんじゃないわよ!」

 

やば!すねてるよ。ボクがカイ君ママとおじいちゃんとお散歩行ったから。

おばあちゃんともちゃんとお散歩に行かないと、今後の生活に支障がでるぞ。

 

わんちゃんほんぽ バナー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL