おじいちゃんが帰ってこないの

鬱っぽくなったレックス

僕が1歳のお誕生日を迎えた後、大変なことが起こったんだ。

僕はちょっと鬱みたいになっちゃったの。

土曜日、いつもはおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に朝のわんわん学校に行くんだけど。

その日はおじいちゃんが「腰が痛い」って動けなくなった。

おばあちゃんは一人で僕を連れて行ってくれた。

帰ってきたらおじいちゃんがいない。

おじいちゃんは、歩いて5分くらいの病院に30分もかけて歩いて行ったみたい。

検査したら椎間板ヘルニアっていう病気で、3週間くらい安静にしなさいって。

先生が、会社の対面もあるし、家では安静にできないから入院しますかって言ってくれたんだけど、おじいちゃんは嫌だっておうちに帰って来ちゃったんだって。

それを聞いておばあちゃんは考えた。

おうちに居たら安静にできないし。きっと動かないでテレビゲームばっかやるだろうし。お菓子もコーラも食い放題で食べ放題。太ったら余計に腰に悪い。

これじゃ良くならない。

おばあちゃん 「忙しいのに病人と犬の世話の両方はできないわよ! 犬は喋れないのよ。あんたは喋れるでしょ。犬とあんたとどっちが大事なの!?」

かなり究極な質問ですな。

おじいちゃん 「犬です」

おばあちゃん 「じゃあ、せっかく入院させてくれるんだから、病院に戻りなさい!」

それからおじいいちゃんは3週間入院しました。

おばあちゃんはまだこの時は、1時間30分くらいかかるところへお仕事に行っていた。

わんわん学校はお休みの日だけ連れて行ってくれていたの。

平日は朝5時に起きて、僕のお散歩して、6時に会社に行って、夜8時近くに帰ってくるの。

いつもはおじいちゃんが少し先に帰ってくるんだけど、入院しているから帰ってこない。

僕は、夜になるとおじいちゃんがいないので、とても寂しくなっちゃって。

おじいちゃんの座椅子でうつうつしてたの。

おばあちゃん 「うわー、レックスが大変だぁ」

おばあちゃんFacebookに投稿して海外のお友達にいろいろアドバイスもらったりして。

「レックスを暇にしちゃダメ!」 「新しいおもちゃ!」

でも、お仕事でいっぱいいっぱいで。

それでお仕事の調整をして、1週間に1回くらいとか、朝のお休みか午後のお休みを取ってくれた。

でも、僕がわんわん学校に行く時間には、お友達の時間に合わない事もあった。

それで、メグちゃんとポチくんに、お休みが取れると「明日は〇〇時に来れないかなあ」ってお願いした。

ポチくんのお母さんも、この時はお勤めしてたんだけど。

メグちゃんお父さんだってお仕事してたけど。

それでもおうちの用事とかを後回しにして時間を合わせて来てくれたんだ。

ポチくんと遊ぶレックス

ポチくんが遊んでくれて。

ポチとプロレスするレックス

プロレスごっこもしてくれて。

メグちゃんと遊ぶレックス

メグちゃんも遊んでくれて。

Megu_REX

3人でプロレスして。

僕を遊ばせてくれたんだ。

お友達に会えると、僕は元気になった。

そして少し我慢して。

鬱っぽくなったレックス

こんなんなっちゃうとまたおばあちゃんがお仕事なんとかして、メグちゃんとポチくんに時間に合わせて来てもらって、なんとか頑張っておじいちゃんを待ってたんだよ。

ある日、おばあちゃんがお出かけして、少ししたらおじいちゃんと一緒に帰ってきた。

わーいわーい!

おじいちゃんとレックス

おじいちゃんが帰ってきたよ~!

甘えん坊レックス

 

おじいちゃんがかえってきたんだよぉぉぉぉぉ~!

 

僕はしばらく、こんな感じでおじいちゃんから離れませんでした。

おばあちゃん 「まったく! レックスが鬱になっちゃったじゃないの! 健康には気をつけなさい!」

そうですよ、僕はおじいちゃんとおばあちゃんがいないと生きていかれないんですよ。

僕は1歳になっても、ますます甘えん坊になったのでした。

 

わんちゃんほんぽ バナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL