老犬介護支援・シニア犬シッターサービス

熱中症だけじゃない、犬にとっての夏の注意点

 
犬の夏の注意点
この記事を書いている人 - WRITER -

梅雨が明けて、今年も暑くなってきましたわん。

飼い主さん達は、わんわんの熱中症や熱い道路のこと、身体を冷やすグッズとか、気をつけているよね
お散歩していると、いろんな、おしゃれな、便利な、いいなー、ってアイテムがたくさんあるね。

まあね、今は、犬の熱中症対策とか、車の中では放置しないで!とか、アスファルトは暑いからちゅーい! とか、インターネットでいくらでも調べられるからね。
いろいろ調べて、安全に今年も暑い夏を乗り切ってくださーい。

でね、今回は、意外な盲点をだね、ボクからおはなし、しよーかなと。

あ、先にね、熱中症になったら、あれ?そうかな?と思ったら、早くお医者さんにね。
運んでいる間も、応急処置を忘れずに。それはどこかのサイトでどーぞ。

 

意外なことで熱中症に/バギー編

道が熱いから、気温もすごいし、というので、バギーで移動するわん様も多いでしょうね。

でね、バギーの中、意外と風通しが悪いんだわん。
バギーの中に熱がこもって、熱中症になるわんもいるんだ。
バギーに乗っているから長い時間お出かけしても大丈夫、なんて誤解している人、多いんだな。
バギーの中の温度にちゅーいちゅーい。
さらにね、直射日光に当てないように、なんて閉めちゃうとね、中は気温があっちんちん。

シニアのわん様は、特に気をつけてね。
床にひんやりマットを敷くとか、バギーによっては風通しを良くするために網になったりするんでしょ?
とにかくね、バギーに乗せているから「あーんしーん」ということではないので、ちゅーいだわん。
歩かないからって、お水の事を忘れている人も意外にいるんだわん。
バギーに乗せていても、水分補給! 脱水にちゅーいちゅーい。

バギーに乗せていても、常にわん様の状態をこまめにチェックなんだわん。

 

意外なことで熱中症に/ブーツ編

アスファルトがね、日差しで50~60℃以上になると言われる最近の夏ですが。
パッドを火傷させないようにって、靴下やブーツを履く。
いいですね、いいですね。
ですが、長時間は、気をつけてほしいんだわん。

ボクたち、わんわんはね、パッド(肉球)で汗をかいて、お口でハアハアして体温調節するの。
でね、そのパッドをずっと塞がれちゃうとですね、
体温調節する手段がひとつ無くなってしまうんですわん。

アスファルトの温度が、近年は下がらないでしょ。
だから、パッドが火傷しないように、ちゅーいちゅーい、はみんな知ってるのね。

でもね、暑い最中では長い時間、履きっぱなしもちゅーいちゅーい。
長いお出かけになって、やけにハアハアがキツイ様なら、安全な所ではブーツを一旦脱ぎたいな。
だって、足にコートを着ているようなものなんだわん。
最近は夏用のブーツも出てきたみたいね。

暑いところでブーツを履いている時は、わん様の様子、良く見ててね。

 

足の洗い過ぎにちゅーい

綺麗な被毛のわん様は、おててやお足、汚れちゃうね。
夏だから、朝夕洗ってたりして。

でね、足の洗い過ぎにもちゅーいなんだわん。

夏だから、乾くからって、軽く見ていると、パッドの間とか、ちゃんと乾いてなくて、蒸れて、炎症を起こすことがあるんだわん。
そんでボクたちが舐め舐めするとね、雑菌が繁殖して、余計にかゆかゆになって。
以外にあるあるなの。

あとね、パッドのこすり過ぎ。
パッドのコーティングが剥げちゃうんだわん。
砂とか気が付かないでごしごしやるとね、パッドが傷ついたり。
わん様にもよるけどね、あとはシニア犬とかね、ドライヤーかけすぎもあるね。
乾燥するから、保湿が必要になることもあるんだわん。

お散歩後の足のお手入れね、お医者さんやトリマーさんに、よく聞いてね。
やり過ぎはちゅーちゅーい。

 

保冷剤や保冷マットにちゅーい

おばちゃんはいろんな保冷剤や保冷マットをチェックしているんだけど。
最近はそれが使われているわん様用はないみたいだけど。

冷凍庫に入れても、かちんこちんにならない保冷剤ってあるでしょ。
あれね、エチレングリコールが使われていることがあるのね。
もし、エチレングリコールとか、EGとか書かれていたら、使わない方がよいんだわん。

書いてないものもあるので、そういのは使わないんだわん。
だって、ボク、ホリホリ、ガジガジ、大好きわんわんだから。

エチレングリコールは不凍剤で、車の不凍液(クーラント)にも使用されているのね。

これね、玉ねぎより怖いのよん。
致死量がとても少ない。

そんでね、甘い味が付いているの。
だから、ボクたちわんわんは、舐めてしまうのだー。

お留守番とかでね、熱中症対策で、保冷剤みたいの置いていく時は、ホリホリしても大丈夫なものをお願いしまーず。
ホリホリして、中身が出てきたら、舐めちゃいますよ。

 

冷房の設定温度、じゃないのね

クールビズでもね、間違っているのだけど。
冷房の設定温度じゃなくて、室内温度が28℃目安なのね。

さて、わんわんは、と言いますと。
ボクたちが快適に感じる温度は22℃くらい。
チワワで25℃とか言われているけど。

わんの個体差や、日頃どこで過ごすかで、それぞれ違ってきますけどね。
気にするのは室内温度と湿度なのです。

朝晩よりは、日中から夕方がものすごく暑くなるね。

インターネットで獣医師監修とかいうのでは、室温25度〜26度、湿度50パーセント位に保てると嬉しいですねー、って書いてある。
そうね、だからね、おうちによって違うからね、そのくらいが保てるように温度設定をするとよいんだわん。

できれば風通しがよくてね。
お留守番するならね、ボクたちが暑いとか、寒いとか感じた時に、ほどよいところに逃げる場所があるといいね。

ケージに入れていく時は、直射日光や、冷房の風が直接当たらないようにしてくださーい。

あとね、人感センサ付きで、やっちゃった! ってことあるあるらしいですよ。
エアコンの人感センサをONのままお出かけしちゃうとね。
わんには人感センサが反応しないことがあって、エアコンが切れてしまうの。
特に小さいわんは気をつけて。
それとねえ、わんはねえ、たいがい、寝てるんだわん。
その間に人感センサが「あ!人がいない、切らなきゃ!」と思ってしまうのだ。
お留守にするときは、人感センサはオフにしてほしいわん。

冷房はですね、つけっぱなしの方が、実は電気代が安い。
これは、レックス家で実験済み。

冬はガスファンヒータしか使わないんだけど。
電気代がだいたい8,000円くらい。
そして、夏はピーク時でも15,000円から17,000円。

ちなみに、ボクがおうちに来た最初の年は、着けたり消したりしていたの。
で、夏の電気代、15,000円~16,000円。
同じエアコンですわん。

なので、レックス家では、夜中は28℃(酷暑日は26℃くらい)にして、朝のお散歩前に、24℃にするの。
酷暑日は21℃から23℃。
梅雨に入ってから、多分9月中旬位までかな、ボクがいつでも入ってこられる部屋のエアコン1台は、温度設定は変えるけど、ずっとつけっぱなしですわん。

ちなみにレックス家は、おんぼろ木造平屋建てのおうちなので、冷房設定は低めですわん。

 

この記事を書いている人 - WRITER -