老犬介護支援・シニア犬シッターサービス

わんわんが糸を食べちゃったら

 
犬が糸を食べたら
この記事を書いている人 - WRITER -

今日はあめあめでした。

わんわんちん(ボール投げ)をしていたら、なんだか「ガジガジ」の気分になっちゃった。

テニスボールをガジガジ

テニスボールの表面をガジガジ。
剝がしちゃった。

位置を食べているみたい

剥がした表面のくずが糸みたいに見えたので、おばあちゃんが昔を思い出したんだ。

ボクは小さいころ、タオルをガジガジして、糸を引っ張り出して遊んでたんだ。
ついでにその糸を食べちゃってた(テヘ)
おばあちゃんはそれを「タオルそうめん」と呼んでました。

そんで、うんちの時にね、お尻の穴から糸が、ペロンペロンって垂れ下がっちゃうの。
ボクは自分で取れなくて、おばあちゃんに「とって~」って、お尻を出したものです。

ボクはよく、糸とか長い葉っぱとかをお尻から垂らすので、ある時、おばあちゃんがお医者さんに聞いたの。

おばあちゃん「レックスはよくお尻の穴から糸を垂らしてるんで、ぴゅって抜くんですけど」

先生「あらら。それはやめた方がいいなあ。あのね、医者が針と糸と、どっちに神経使うかわかる?」

おばあちゃん「そりゃー針でしょ?」

先生「実は糸なんだよ。すごく厄介でね」

おばあちゃん「へ?何でですか=?」

糸はですね、消化されずに体内をどんどん行きます。
途中で胃腸の壁の一部に絡んで、胃腸の内部を切り落としちゃったりするんだって。
意外と危ないものなんだって。

ゆで卵とかを切るとき、糸を使わない?

例えばね、糸の一部が腸の一部に絡んだまま、糸の一部がお尻からこんにちは~って出てきてね、それを知らずに引っ張るとですね、腸がちぎれてしまうのです。

おばあちゃん「ひょえ~!!! 危ないじゃん!」

先生「そう、長いものは危ないんだよね。だから、お尻から糸が出たらね、無理に引っ張らないでそこで一旦はさみとかで切って、自然に出るのを待った方がいいんだよね」

いつまでも出てこないとか、うんちに血が混じってくるようならお医者さんへレッツゴー。

その日から、「タオルそうめん」は禁止となりました。

最近、お尻から糸や草が垂れ下がるって話を、お散歩中に何人かから聞いて、長いものは怖いんだよ~って話してあげたので、ブログに書いてみました。

葉っぱはね、無理して引っ張らずに放置しておくとね、わんわん言ったときとかにポロっと落ちたりするよ。

まあ、お尻から何かが垂れ下がったら、それが糸とか強いものだったら、ちゅーいちゅーいなのです。

さて、おまけ。

今日、カエルのご遺体を発見しました。
おばあちゃんが「触るなああああ!」って言うので、クンクンだけにしておきました。
ヒキガエルでしょうか。毒がありますので、ぺろぺろしないでね。

カエルを見つけました

こちらがカエルのご遺体でございますわん。
鳥にでもやられたようです。

この記事を書いている人 - WRITER -